日本航空(JL088便)広州-羽田|プレミアムエコノミー搭乗記!

広州-羽田

JAL(日本航空:JL088便)を利用して中国・広州白雲国際空港から羽田空港まで移動してきました。

JALもここ数年、中国路線に力を入れていて広州や上海への便が増えてきています。

しかも都心から近い羽田空港の離発着便なので都内近郊に住んでいる身からすれば非常に使い勝手がいいです。

 

中国国内のエアラインやLCCも数多く就航していますが、そこはJAL(日本航空)です。サービスや安心感が圧倒的に違います。国際線の中でも近場の中国、多少我慢できなくもないフライト時間ではあります。それでもJALの圧倒的なサービスの質で選んでしまいますね。


安定の国内レガシー航空。安定感が違うよね!

今回の利用クラスはもちろんエコノミークラス。なんたって、一庶民ですからね。。


なかなかビジネスクラス以上は手がだせない・・・。

が、エコノミークラスといえど、シートはプレミアムエコノミー席で非常に快適なフライトでした。

 

純粋な!?エコノミークラスと違ってシート幅も広く、リクライニングも十分に倒せます。

読書灯やPC電源まであって、プチ贅沢な時間を味わってきましたよ。

  • 航空会社:JAL(日本航空)
  • 便名:JAL088便
  • 航路:広州白雲国際空港14:30発ー東京国際空港(羽田)19:45着
  • 座席(クラス):エコノミークラス(プレミアムエコノミー)

 

今回の搭乗記も気になる機内食含め、写真付きでお伝えしたいと思います。

 

広州白雲国際空港プレミアムラウンジ

搭乗前にラウンジで食事と休憩を。JAL、ワンワールド専用のラウンジはありませんでした。広州白雲国際空港にあるのは各アライアンスが共通で利用できるラウンジのみでした。

また、プライオリティパスでも利用できる条件の低いラウンジだったので、利用客が非常に多かったですね。

食事やドリンクのレベルは高かったのですが、利用客が多いのはマイナス。時間帯によっては座る場所の確保もままならない感じですね。

広州白雲国際空港-ラウンジ
出発や乗り継ぎなどで広州白雲国際空港を使う方も多いと思います。 国際線となれば、どうしても時間に余裕をもって空港にいくじゃないですか? ...

優先搭乗

優先搭乗

保有しているステイタスはJGCプレミア(ワンワールドエメラルド)です。なので、優先搭乗から悠々と搭乗を開始です。

ゆったりと荷物を整理できるので優先搭乗はほんと、ありがたいサービスですよね。

鶴丸

こちらも安定感抜群の「鶴丸」

このロゴを海外で見るだけでホッと安心しますね。

搭乗口

CAさんのお出迎えも丁寧。軽く挨拶を交わし、いよいよ機内へ。久々に日本へ帰るんだという高揚感でいっぱいになりますね。

プレミアムエコノミー席(エコノミークラス)

プレミアムエコノミー

今回利用させてもらったプレミアムエコノミー席の仕様はこんな感じです。一番良かったのは、やはりシート幅。

プレミアムエコノミーシート

エコノミークラスのように窮屈な感じではありません。隣のシートとも多少ではありますが区別されていてプライベート空間が保たれています。ほんと少しですけどね。それでも全然気持ち的には全く違いましたよ。

もっとバシバシ写真を撮りたかったのですが、さすがにあとから搭乗される方がやってきます。なかなか自分本位には撮れなかったですね。

電源

肘掛したには電源コンセントもあり。正面のモニター下からはUSBで電源供給できる形になっていました。

ガッツリ充電するということはあまりないかも知れませんが、タブレットやスマホなどを充電できるのはありがたいサービス。お陰様で日本についた時にはスマホもフル充電されていましたね。

また、リクライニングもフラットまでにはなりませんが、眠るには十分なぐらい倒れます。

機内食

機内食

離陸後、1時間ほどしてドリンクと機内食が同時に運ばれてきました。

メニューは

  • 鶏そぼろご飯
  • 蕎麦
  • サーモンとじゃがいも(マリネ風)
  • フルーツ
  • ヤクルト(中国版のデカイやつ)
  • ハーゲンダッツ

です。

正直、搭乗前にガッツリラウンジで食べてしまったので、お腹がパンパン。

久しぶりに日本風の料理だったんですが、なかなか箸が進まず・・・。かなり時間を掛けての完食だったのでCAさんにご迷惑をおかけしてしまいました。。。

鶏そぼろ

鶏そぼろご飯

なかなか柔らかい味付けの鶏そぼろ。連日、中華料理だったので久しぶりの味でホッコリしました。

ご飯の量もそれなりに多く・・・。なかなかボリューミーでした。ほんとお腹いっぱいです。

蕎麦+サーモンとじゃがいも

おかず

こちらは蕎麦とマリネ風(サーモン+じゃがいも)で箸休めになります。

さすがJAL(日本航空)といったメニュー構成で、日本への気持ちがはやりますね。

ドリンク:プレミアムモルツ+白ワイン

プレミアムモルツ

ちなみにドリンクは、プレミアムモルツと白ワインを頂きました。ラウンジでも相当飲んだのに、機内でも飲むんかい!!と自分でも突っ込みたくなるほど・・・。

飛行機の上では酔いやすいのでお酒はほどほどに!

機内番組

機内番組

機内番組は映画(邦画・洋画)、ドラマ、バラエティにアニメ、スポーツなどかなり充実したライナップです。

中国では国内ニュースぐらいしか見ていなかったので、条件反射的に「お笑い」を選択。これも日本人の性ですかね。

エンタの神様なんて何年ぶりに見ただろ・・・。

上空

4時間15分の空の旅の予定でしたが、30分も早く羽田空港に着き。実際は3時間45分と羽田‐沖縄とほとんど変わらないフライトとなりました。

遅れるどころか早く到着!さすがJALさんですね。

今回良かった点を挙げると

  • プレミアムエコノミーでもシート幅が十分ひろい
  • 機内食がおいしい
  • CAさんのサービスが素晴しい
  • 時刻通り(むしろ早く)到着する

といったところですね。あとトイレも綺麗でしたね。なかなかLCCや他の航空会社だとトイレが・・・という状況に出くわすんですが、さすがJALです。気持ちよく利用することができました。

正直4時間足らずのフライト。エコノミー席でも我慢はできますが、ちょっと贅沢に・・・。そんな気分を少し味わいたい方はプレミアムエコノミーがおすすめです。

値段も変わらず、気分は少し上位で。快適なフライトができますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

jal-wifi

JAL国際線で無料Wi-Fiクーポンを利用してみた!繋ぎ方と速度

機内に持ち込む物

飛行機便利グッズ|これで快適!機内に持ち込むおすすめ10選!

搭乗券

羽田空港ーシンガポール搭乗記|JAL035便エコノミークラス解説

缶ビールで乾杯

JAL国内線にビールは持ち込みは可能?これまで2~3回やりました

大韓航空‐グアム

大韓航空(JALコードシェア)|仁川経由でグアムまで機内食すべて

赤ちゃん

赤ちゃんが飛行機で耳抜きする方法|誰でもできる泣かない対策10選